個人輸入販売サイトでCBDオイルを購入する前に知っておきたいこと

身体や心の疲れや毎日の「セルフメンテナンス」として取り入れたいのがCBDオイルです。
ドラッグストアなどでは購入はできませんが、個人輸入や通信販売を利用して手軽に購入することはできます。
そんなCBDオイルを個人輸入販売サイトで購入する際、安全性を確保するためにも知っておきたいことがあるのです。
そんなポイントをここではまとめていきます。

CBDオイルの個人輸入と法律について

「個人」での輸入サイトを通して購入する・利用をすることは日本で法律的に問題ないのかと気になる声もあるでしょう。
運営者ばかりではなく、利用者も罰則規定対象になると困ってしまいます。

個人輸入に関してですが、法律を確認すると

  • 個人で使用する範囲内の量であること
  • 申し込み者と使用者が同一人物であること
  • 営利目的でないこと

これら条件に該当するようであれば、利用をしても問題はありません。

このことから、個人輸入販売サイトを通してCBDオイルを購入しても問題はないのです。

すべては自己責任でCBDオイルの摂取を行うこと

CBDオイルは天然の成分から作られているものです。
これまで、副作用や何かしらの心身に悪影響が出たという報告はありません。
しかし、100%とは言い切れません。

万が一、何かしらのトラブルや不調が生じたとしても個人輸入販売サイト側には何の責任もありません。
「すべては自己責任」ということに納得して摂取しましょう。

この部分に関しては、各サイトに記載がなされていますので、必ず一読してください。

継続使用をするからこそまとめ買いをしたいという方へ

CBDオイルを毎日摂取するから一度にまとめて購入をしたいと感じることでしょう。
税関と法律上の問題から「個人で使用できる範囲内」であることが重要です。

この範囲内であればまとめ買いもできます。
そうでない場合は、時期をずらすか小分けにして配送依頼をすることとなります。

関連する記事