CBDオイルに含まれているCBDの成分について

CBDオイルに含まれているそもそもCBDというのは何なのでしょうか。これはカンナビジオールという天然の成分です。天然大麻に中に4割程度含まれている、大麻の中で一番含有量が多い成分といえるでしょう。詳しく成分についてみていきましょう。

CBDは内因性カンナビノイドシステム

内因性カンナビノイドシステム、これは一番新しい成分として現在研究が進められているものになります。これはリラックスしたり、食べたり寝ること、特定の興奮反応や認知機能そのものは調整する力を持っています。体の中で見つかったカンナビノイド受容体は二つのタイプがあるのですが、脳、免疫力に多く含まれています。日頃から人々の活動を支えるためにはとても大事なもので結構重要な役割を担っているのが特徴です。

産業大麻がCBDのために栽培されている理由

マリファナなどで使われている大麻というのは、CBDはほとんど含まれません。THCが多いことに対して産業用の大麻の中に葉CBDが豊富に含まれててTHCはあまり含まれてはいません。なぜそんな大麻が栽培されているのか、それは人々の健康のために栽培されています。効果としてはこれらが持っている癌やてんかんの治療に使えるという効果を期待している医療用と、そして日常的に使う事でリラックスするのに使用するという特徴があります。CBDの成分はTHCなど違法性が高いものとは全く違っていて、大麻の中に含まれているカンナビノイドではあるのですが、THCがハイ、または落ち着くのに対して、CBDは精神活動の効果がある訳ではないので、ハイにはならないので安全に使用できるという効果が期待できます。

ハイになってリラックスできることはありません。

関連する記事