CBDオイルにもいろいろと種類があります

CBDオイルといっても実はいろいろと種類があったりします。産業用の大麻から作られているCBDオイル、これはいろいろな製品があるのですが、使い方もそれによって違ったりしているのが特徴です。ここでは種類と使い方を見ていきましょう。

一番一般的なチンキタイプのCBDオイル

一番一般的に利用されているチンキタイプ、これはCBDオイルの中でもそのまま液体を飲むタイプといわれています。フタにスポイトがついていますので、このどろっとしたチンキCBDオイルを口に入れて飲むことになります。飲む前には、よく振った上で中身が固まっていないことを確認して、スポイトで飲む量だけすって、口の中にスポイトを使って入れて直接飲むという飲み方です。この飲み方をするときは、そのまますぐに飲み込むのではなくて、舌の下に、数秒とどめておくと体への吸収力を高めることができるといわれています。

CBD含有量の違いについて

CBDオイルの種類は含有量の違いもあります。濃度がそれぞれ違っているのでその種類の違いもあります。何パーセントと書かれていて濃度が記載されている事もありますし、含有量が何ミリグラムと記載があることもあります。コストパフォーマンスが良いのは5パーセント濃度くらいで、これが一番手軽に手に入る濃度です。しかし効果が高い強い濃度のものもあります。15パーセント濃度というのもあります。高濃度のCBDオイルもあります。

チンキタイプのメリットは?

一般的に出回っているチンキタイプのオイル、これはメリットは用量はとても分かりやすいのでどれだけ摂取したのかも明確です。そして商品のバリエーションも豊富で誰でもすぐに始められるという点です。しかし口から取り入れるので独特の味が苦手という人もいます。

関連する記事